今最も求められる資格のひとつ、「介護福祉士」とは?

就職難と言われる今、求人の多いのは「介護職」です。
近年、ヘルパーステーションやデイサービスでも介護福祉士有資格者の採用が多くなってきました。
これは、平成21年度からスタートした「サービス体制強化加算」の影響が大きいと思います。
この加算は、事業所が適切なサービス体制を確保していることを評価するもので、一定割合以上の介護福祉士を雇用していること、3年以上継続勤務者の割合、研修体制の確保などが要件となります。
「介護は、介護の専門職が専門的知識をもって行うもの」この流れは今後も強化されていくでしょう。
養成施設を卒業するルート以外にも、3年以上実務経験のある方でしたら国家試験(筆記試験と実技試験、または筆記試験と実務者研修の受講)を受験できます。