プロミスの審査基準は厳しい?

もし、生活費をキャッシングするのであれば、キャッシングは必要最低限に留め、返済の見通しが立つような金額に留めなければ、後で返済に悩まされることになります。
生活費と言えども、繰り返していれば、いずれ考えてもみなかった金額になっていることもありますから、すぐにキャッシングに頼らずに注意してください。
キャッシングを考えている人はまず、返済計画を考えてから行動に移しましょう。
キャッシングを審査を通さないで利用したい、またできるだけ審査の簡単なところで借りたいものだといった悩みを持っておられる方も多くいると思います。
銀行は、基本的に厳しい審査ですが、消費者金融だと割合甘めの審査でキャッシングのできるケースがあります。
個人事業主になって数年が経ちました。
収入面では、まぁまぁ良い時もあれば悪い時もしばしばです。
ディスプレイにヒビが入り、使い辛くなってしまったため、パソコンが急きょ必要となり、今回はキャッシングでの購入を検討していますが、今までローンの審査などとは無縁だったので、わからずにいるのですが、正規雇用者ではない場合にも問題はないのでしょうか。
キャッシングの申し込み時は、希望限度額もポイントになります。
希望限度額が50万円以下の時は、本人確認の為に運転免許証を示すだけで契約することが可能だからです。
しかし、希望限度額が50万円を超える額だったり、他社からの借入と合わせた額が100万円を超すと、 収入証明書を提出せねばならず、 事務手続きがちょっと繁雑になるという訳です。

プロミスすぐ借りれる?借り方の流れは?【審査に通るコツ】